極狭キッチンで500円食堂

お前んち、キッチンじゃなくて給湯室だね!と、友人に言われる程の小さなキッチンから贈る料理ブログ

ゆで卵の作り方から学ぶ【人からのアドバイスで混乱した時は…?】

料理は好きですが得意ではありません。

 

 

特に卵料理が苦手です。

薄焼き卵はひっくり返せない。

玉子焼は上手に巻けない。

炒め物はカチコチが恐くてドロドロしがち。

ゆで卵なんて悲惨なモンでした。…でした!!

 

 

そう、ゆで卵に関しては過去形なのです。

色々な聞き取り調査の結果、

ゆで卵が上手に作れるようになりました!!

 

 

 

ゆで卵が上手に…?と言われがちですが

本当に酷かったのです。


f:id:nacooking:20180305032604j:image

 こんなに酷いゆで卵、見たことない…と言わしめた写真です。

 

 

まず何があれって、ツルツルに剥けないのです。

因みにボロボロ卵の作り方はこちら

↓↓↓

【BEFORE】

・卵のお尻に穴を開ける

・お鍋に水と卵とエッグタイマーを入れ、火にかける

・好みの茹で加減のちょっと前にお湯からあげて放置

100均に穴開け器が売っていますが、画鋲でもいけます。
エッグタイマーとは卵の茹で加減を教えてくれる便利なグッズ。100均にもあります。

 

これでボロボロ卵が出来ます。

 

 

 

さて、そんなボロボロ卵を量産し続けてきた私は
ある時奮起してゆで卵に関する聞き取り調査を行いました。

 

 

すると皆さん私がビックリするほどの熱意を持ってゆで卵の作り方を教えて下さいました。

聞き取り調査の結果を覚えているだけ書いていきます。

 

 

・古い卵を使うと良いよ!

・水から茹でてるなぁ

・卵に穴開けると絶対大丈夫!

・茹でたらスグお水に入れるんだよ

・茹でたら氷水に…

・茹でたらお水に入れてヒビ入れる

・お湯から茹でる!

・新しい卵じゃないとダメ

などなど。。。

 

 

そこで私、エッ!?って思うわけですよ。

みんな全然言う事違うーーーー!!!…と。

人の数だけゆで卵ルールが存在するの!?と本気で思いました。

みんなの言っている事を全て真に受けたら破綻するのです。

だいたいお尻に穴なら、私だって入れてる!!

 

 

新しい卵じゃないとダメ!と言う人に、

「でも古い方が剥きやすいって言う人もいて…」と言うと

「それは違う!間違っている!自分の作り方こそが正義!!!」

と言わんばかりに古卵派を否定するのです。

 

 

でもね、私から言わせれば
新卵の人も、古卵の人も、どちらもツルツルに剥けてるんだよ……

否定しないでおくれよ…皆言う事バラバラで混乱してきたよ……
と、たかがゆで卵の作り方で私はげんなりしました。

 

 

 

そこでふと、他の事でも似たような気持ちになったな…と思ったのです。

 

その頃の私は今思い出すとギャアと叫んで枕に顔をうずめたくなるような痛い恋愛をしていまして。

 

中学生かっ!と言われる程の恋愛偏差値の低い私を見かねて、沢山の人がアドレスしてくれました。

 

・おせ!おすんだ!!ご飯に誘え!

・ここは慎重に…相手との距離感を……

・とりあえずやっちまえ (!?)

・あなたの話し方は男にウケないから気を付けろ!

・十分いい女だから今のままで大丈夫!自信持て!

・ズルい女になれ!誘惑しろ!!

などなど…

 

いやもうね、あの頃は全てを真に受けてほんと酷い目にあいましたよ。精神的に。

何がベストなの!?どうしたらよいの!?と大混乱しました。

今思うと、どうしたらよいのってなんだよって思うね。

おめーの事だろうが自分で決めろや!ってね。

まぁ今となっては良い思い出と経験です。

楽しかったのは間違いないし。恥ずかしいけど。

 

 

そう、その時の混乱と似ていたのです。

 

 

たかがゆで卵の茹で方ひとつで、人は我を通そうとするのです。

どこにも悪意なんてないんですよ。それぞれが正義を持っているだけです。

己が正義と思っているからこそ、相反する意見を持つ人を攻撃してしまうのです。

 

 

でもさ、争う必要なんてないじゃない!

結局みんなはゆで卵をツルツルに剥いているんでしょう?

って言うか、たかがゆで卵だよ!?

 

・・・と。

 

 

 

私は世界から争いがなくならない理由の一つが見えた気がしました。

たかがゆで卵の作り方で、真理に一歩近付いた様な気がしました。

むしろゆで卵ぐらいにレベルを落として、やっと気がついた感があります。

 

 

何かに迷った時、人からのアドバイスが欲しくなりますよね。

頼んでもないのにアドバイスされる事だってあります。

自分の為に言ってくれているんだからちゃんと吸収しなきゃ…って思いますよね。

でもその全てを吸収しようと思わなくても良いんですよ。

そんな事したらどこか辻褄の合わない自分が出来上がってしまいます。

私らしさが殺されてしまう。

 

 

そんな私の結論は

 

 

沢山頂いたゆで卵の作り方も、恋愛テクニック(笑)も、どれをチョイスして実行するかは私が決めていいんだーー!

 

例え相反する意見を沢山貰ってもオロオロする事なんて、なーーーーい!!

 

こんな意見もある、あんな方法もある。

 

さぁ私はどれをチョイスする?どれなら実行出来る?

そんな風に考えればよーーーーし!!!

 

だって絶対的な答えなんてないからーーー!!!!

 

自分の行動の主導権を手放してはならなーーーーい!!!

 

 

もちろん限度があります。ダメなもんはやっぱりダメ。
だからアドバイスはまず有難く頂く。拒絶も否定も必要以上にはしない。
頂いたアドバイスの数々の中で、どれなら自分がしっくりくる行動か考える。
それを実行する。それだけ。

 

 

 

さて、そんな方法で私が辿り着いたゆで卵の作り方を最後にご紹介します。

 

 

【AFTER】

・鍋に多めに水を入れ、沸騰させる

・冷蔵庫から出したての卵のお尻に穴を開けて鍋へ

・8分経ったら水につけて冷やす

 

私は今の所コレでツルツル&好みの半熟さです。

おかげさまで10個入りの卵が買えるようになりました。

 

 

 

 

 

ー後日談ー

ゆで卵が上手に作れるようになりました!

と写真付きでSNSに投稿した所、コメント欄で「こうすると良いよ!」と言うアドバイスを多数頂きました。

 

 

だから作れるようになったって言ってんじゃん!