極狭キッチンで500円食堂

お前んち、キッチンじゃなくて給湯室だね!と、友人に言われる程の小さなキッチンから贈る料理ブログ

狭小か、極狭か。それが問題か?

我が家のキッチンは狭い。

 

キッチンどころか、部屋も狭いです。

1Kで寝室なんて5.5畳です。

 

 

まぁでもこの狭さが気に入っています。

すぐに部屋はぐちゃぐちゃになるけど、狭いんで割とすぐ綺麗に片付きます。

 

 

ただまぁそれでも、キッチンの狭さだけはキーッ!となります。

 

 

さて、「極狭」という単語は辞書には載っていません。
正しくは「狭小」でしょう。きょうしょう。

 

 

でもね、狭小キッチンで検索しても
「なによ!コンロ2口もあるじゃないっ!」
「調理スペースだって!キーッ!!」
「うちなんて流しにまな板縦に置いて物切ってんのよっ!?」

…と、私の脳内のおネェが騒ぎ立てます。

 

 

 

うちは狭小なんて生易しい言葉では表わせない!!!

 

 

 

そう思っての、「極狭」です。

「狭さ」を「極める」とかいて……「極狭」です。

 

 

なんて読むんだろうね、ごくせま?ごくきょう?

きょくきょう…は読みにくい。きょくせまも変かぁ。

 

 

 

 

うん、ごくせまキッチンかな。うん。

 

 

 

 

…狭小キッチンの方が良い気もしてきました。

なんか間違えてる感も凄いし。

 

 

いつかアッサリ名前を変えてしまうかもしれません。

その時にはこの記事もサクッと消して、なかった事にしましょう。