極狭キッチンで500円食堂

お前んち、キッチンじゃなくて給湯室だね!と、友人に言われる程の小さなキッチンから贈る料理ブログ

ごぼう入りミートソースのススメ

ブログではまだご紹介していませんが、
この間すき焼きを作ったのです。

 

我が家のすき焼きに必須な食材として

ごぼう

があります。笹掻きにしていれます。

 

 

泥付きの立派なごぼうを八百屋さんで購入するも、
せいぜい使って1/3本なごぼうさん。
すき焼き後ほったらかしだったごぼうさん2/3…

 

 

きんぴらはなんだか作るのも食べるのも飽きちゃったし、
ごぼうサラダって気分でもない。

 

 

そんな訳で、大量ミートソース作りです!

 

 


f:id:nacooking:20180301200533j:image

 ごぼうを水にさらしたりなんてしません。切ったら即フライパンだよ。ズボラだからね。

 

 

ニンニク(2かけ)、玉ねぎ(中1個)、にんじん(半分)

ごぼう(2/3)、えのき(1パック)

をひたすらみじん切り……

 

ごぼうとえのきはそんなに小さく切らなくても大丈夫。
えのきは何となくです。しめじでもマッシュルームでも、なんでも良いです。 
セロリを入れると本格的な味わいですが
セロリを買ったらまた残したセロリの腐敗スピードとのデッドヒートに発展しかねないので今回はパスです。

 

 

合い挽き肉をどーん!して、

クレイジーソルトをめちゃくちゃ入れて。

単品で食べる物ではないので濃いめに味をつけます。

 

 

今回使っているお鍋、ストウブさんは無水調理が得意。
得意過ぎて、逆に色々煮詰めにくい。
うちはコンロの火が弱いので、蓋を外すと温度があがりきらずコトコト煮たりが出来ないのです。
なので煮詰めの作業は本当にしんどい。

 

 

ので、今回はホールトマト缶ではなくトマトペーストを大さじ2ほど使いました。
トマトを煮詰めて裏漉ししてくれている便利な子です。
あらかじめ煮詰まっているのでシャバシャバになりません。 
もっと入れても良かったかも…だけど

 

 

冷蔵庫を開けると…ぎゃっ!

 


f:id:nacooking:20180301201413j:image

 

 

 

なんでなんで!ケチャップが2本!!!

しかもどっちもそこそこ使ってる……

 

 

そんなわけで、恐らく先に使っていたであろうデルモンテさんを全投入。

 

 

そしてウスターソース、醤油で味を整えていきます。

 

 

ローリエ1枚ポーンと入れて、

ナツメグ、バジル(乾燥)、パセリ(乾燥)などのハーブ類をたっぷり投入。

 

 

 

ぐっつぐっつ煮込んで……

 


f:id:nacooking:20180301201944j:image

 大量のミートソースへ。

 

 

 

味見して、追いクレイジーソルトや追いコンソメ(顆粒)、

最後にバターを落として完成!

 

 

 

 

ミートソースにごぼう、合いますよ!
トマトソースとかにもバッチリ合います。

 

まず食感が良いんですよ~
どんなに煮込んでもコリコリ食感は失われません。

 

そしてなんとも言えないごぼうの香り…
ミートソースのこってり感に負けません。
洋にもバッチリ合います!ごぼう!!

 

 


f:id:nacooking:20180302224535j:image

 うーん、おいしい!極狭キッチンの一口コンロでもレンジでパスタ茹でる器があれば大丈夫!!

 

 

 

さて、この大量のミートソースどうしようかな。
やっぱり500円食堂?ミートソース定食??

それも良いけど、今回は実家にお裾分けしました。

トマトソースにごぼうを入れた時の感動を話す私に
「えー、想像できない!」と受け入れてくれなかった母。
ついでに実家近くに住む姉にもお裾分け。

 

 

ミートソースをひとくち味見した母、

歯ごたえがイイネ!と言ってくれました。

 

そしてひとこと。

 

 

ミートソースは作るときに小麦粉入れるのよ?

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

そうなの!?